薬剤師の年収は高い?|勤務地や職場の年収の相場と年収アップのポイント

年収1000万円を目指せるハイクラス・ハイエンド転職を成功させた女性薬剤師 年収・月給

薬剤師は年収が高い職業だと考えられていますが、令和の時代の薬剤師の収入はどの程度が目安なのでしょう。この記事では主に令和3年度のデータを基にした薬剤師の平均年収、年収1,000万円超えを目指す場合のポイントなどを解説します。年収アップのポイントも紹介しますので参考にしてください。

薬剤師の平均年収や初任給の相場

厚生労働省が発表した「令和3年 賃金構造基本統計調査」によると、薬剤師の収入の目安は次のようになります。

薬剤師の平均年収(企業規模10人以上)
  • 月収:約40万4千円
  • 賞与その他特別給与額:約96万2千円
  • 年収:約581万円(賞与等を除いた額:約484万8千円)

賞与を含む平均年収は約581万円という結果になりました。「令和3年 賃金構造基本統計調査(賃金の推移)」によると、一般労働者の月収平均は約30万7千円です。その内、男性は約33万7千円、女性は25万4千円という結果になります。賞与を除いた年収で考えると、一般労働者の平均収入は368万4千円です。

つまり、薬剤師の年収は平均年収と比較すると100万円以上高めの水準にあるということになります。

以下は、厚生労働省「令和3年 賃金構造基本統計調査(職種)」を参考にまとめた薬剤師の男女別の収入です。

男性の薬剤師の平均年収(企業規模10人以上)
  • 月収:約44万2千円
  • 賞与その他特別給与額:約100万2千円
  • 年収:約630万6千円(賞与等を除いた額:約530万4千円)
女性の薬剤師の平均年収(企業規模10人以上)
  • 月収:約37万7千円
  • 賞与その他特別給与額:約93万4千円
  • 年収:約545万8千円(賞与等を除いた額:約452万4千円)

厚生労働省 年齢別の薬剤師の平均月収と賞与等

【年齢別】 薬剤師の平均月収と賞与等の相場

企業規模10人以上の企業で働く薬剤師の場合、年齢によって月収は次のように推移していくことが見込まれます。( )内の数字は、厚生労働省「令和3年 賃金構造基本統計調査」を参考にまとめた、「年間賞与その他特別給与額」の金額です。

日本の平均年収を考慮すると、薬剤師の場合は同年代と比較した場合に高めの水準の収入を得られていることがわかります。最も収入が高いのは、50~54歳の年代でした。

年齢別の薬剤師の月収と賞与等の相場
  • 20~24歳:約31万4千円(約21万2千円)
  • 25~29歳:約33万7千円(約68万8千円)
  • 30~34歳:約37万9千円(約91万7千円)
  • 35~39歳:約41万3千円(約118万4千円)
  • 40~44歳:約43万9千円(約113万5千円)
  • 45~49歳:約44万1千円(約106万7千円)
  • 50~54歳:約46万円(約131万6千円)
  • 55~59歳:約43万9千円(約115万5千円)
  • 60~64歳:約44万7千円(約65万8千円)
  • 65~69歳:約41万5千円(約80万円)
  • 70歳~:約40万2千円(約41万8千円)

【短時間労働(パート)】 薬剤師の平均時給

厚生労働省の「令和3年 賃金構造基本統計調査」によると、薬剤師の短時間労働者(パート)の給与は下記の結果となりました。週5日勤務で月20日働いたとして、「平均時給×1日当たり所定内実労働時間数の平均」で計算した月収の目安は、約28万5千円です。「月収×12か月+賞与」で計算した年収で考えると、約356万円となります。

パートで働く薬剤師の収入
  • 平均時給:2,412円
  • 1日当たり所定内実労働時間数の平均:5.9時間
  • 年間賞与その他特別給与額:約14万円

男女別パートタイム薬剤師の平均時給

薬剤師の男女別のパートタイム労働者の収入は下記の結果となりました。

パートで働く薬剤師の収入(男性)
  • 平均時給:2,490円
  • 1日当たり所定内実労働時間数の平均:6.4時間
  • 年間賞与その他特別給与額:約12万4千
パートで働く薬剤師の収入(女性)
  • 平均時給:2,402円
  • 1日当たり所定内実労働時間数の平均:5.8時間
  • 年間賞与その他特別給与額:約14万3千

薬剤師の平均年収は都市部より地方が高め?

薬剤師の平均年収の特徴は、他の業界とは異なります。多くの業界では都市部の企業や店舗の方が給与が高い傾向がありますが、薬剤師の場合は地方の方が給与が高いことが多いです。これは、地方の方が人口に対する薬剤師の人数が少なくなるためです。

ただし、地方であれば薬剤師の年収が必ずしも高くなるというわけではありません。その地域の医療に対するニーズや経済事情にも左右されます。

薬剤師で年収1,000万円超えは目指せるの?

年収1,000万円は、高収入を目指す人にとってひとつの目標でもあります。厚生労働省「令和3年 賃金構造基本統計調査」の統計によると、企業規模10人以上の規模の会社の場合、賞与等を除いた給与で、月収が90万以上の薬剤師は約1.8%でした。月収が90万を超えると、賞与を合わせたときに年収が1,000万を超える見込みが高くなります。

このことから考えると、薬剤師のうち約1.8%は年収1,000万円を超えていることが見込める、ということです。日本で働く労働者で、年収1,000万を超えている人は多くありません。ただし、スキルやキャリア次第で年収1,000万を超えられる可能性はあるものの、就職先の選び方やスキルアップ、キャリアアップのためのキャリアプランをよく検討しなければ、実現は難しくなるでしょう。年収1,000万円までは目指していない場合であっても、薬剤師として自身のキャリアプランを考えることはとても大切です。次章からは職場別の給与相場や年収アップのポイントを解説します。

【職場別】 薬剤師の平均年収

薬剤師の収入は勤務年数や勤務場所、役職などによって変わってきますが、職場も収入に影響を与えることがあります。一般的には、製薬会社、ドラッグストア調剤薬局病院の順番で、薬剤師の収入が高くなる傾向が見られます。製薬会社・ドラッグストア・調剤薬局・病院の収入の傾向の例を解説しますので参考にしてください。

製薬会社の年収目安

製薬会社の場合、薬剤師の中でも平均より高めの給料が期待できます。MRや研究開発職として経験や実績を積むと、年収1,000万円を超える薬剤師もいます。

ただし近年の製薬会社は、採用人数や新薬開発の減少も見られるのが特徴です。ジェネリック医薬品が浸透するにつれて、製薬会社の経営戦略にも変化が見られています。
従来と比べると、製薬会社に勤務する薬剤師が1,000万円を超える年収を目指すことは難しくなってきている可能性があります。

ドラッグストアの年収目安

ドラッグストアの中でも調剤薬局併設型は店舗展開が拡大しており、将来性の高い職場と考えられています。地域によっては高い給与で薬剤師を募集していることがあり、薬剤師の平均給与よりも高い収入も期待できるでしょう。

キャリアアップが成功して管理職や店長になると、さらに収入はアップします。ドラッグストアで得た経験やノウハウを活かし、独立開業をした場合はさらなる収入アップが目指せる可能性もあります。人によっては年収1,000万円を超えることもあるでしょう。ドラッグストアに勤務しながら収入アップを目指す場合は、マネジメント能力や経営管理能力を磨くのがおすすめです。

調剤薬局の年収目安

調剤薬局に勤務する薬剤師の平均年収は、薬剤師の平均年収と同程度であることが多いようです。もちろん、経験や実績によって収入アップは見込めます。調剤薬局に勤務する薬剤師が収入アップを目指す場合、かかりつけ薬剤師の資格取得や管理職へのキャリアアップを目指すのがおすすめです。

ただし、調剤薬局併設型のドラッグストアと比較すると、調剤薬局の店舗数は減少傾向が見られます。ドラッグストアの参入の影響のほか、コロナ禍で受診を控えた患者さんが増えたことにより、2021年には調剤薬局の倒産数が過去最多となりました。大手調剤薬局や地域に根差した調剤薬局であれば、比較的安定して働くことが見込めます。

病院(医療施設)の年収目安

病院に勤務する薬剤師の年収は、薬剤師の中では比較的低めであると言われています。病院に勤務する薬剤師の平均年収は、薬剤師の平均年収前後であることが多いでしょう。病院の規模や病院が所在する地域によっても年収は大きく変動します。

ただし、病院で働く薬剤師は他の職場では得られないやりがいを感じる機会が豊富です。たとえば最新の医療技術や患者さんとのコミュニケーションに魅力を感じ、病院への就職を目指す薬剤師は少なくないようです。

薬剤師が年収を上げるためのポイント

薬剤師が年収を上げるには、主に以下のような方法があります。

薬剤師が年収を上げる方法
  • 平均給与が高めの地方に転職する
  • 平均給与が高めの企業・職場に転職する
  • 管理職へのキャリアアップを目指す
  • 資格手当による収入アップを目指す
  • 独立開業する

特に年収1,000万円を目指す場合、高収入が見込める企業に就職・転職する、管理職にキャリアアップする、独立開業するという方法が可能性をより高める手段になります。薬剤師転職サイトや人材紹介会社のエージェントに相談しながら、転職先やキャリアプランを検討することも高収入の実現におすすめの手段です。

おわりに:転職とキャリアプランのポイントを抑えれば薬剤師も年収アップ・年収1000万が可能

薬剤師の年収は日本の平均年収よりも水準が高いです。職場選びやキャリアアップ次第では、さらなる高収入も期待できるでしょう。ご自身のライフスタイルや仕事以外の人生設計も考慮し、信頼できるプロに相談しながら、満足度の高いキャリアプランを練ることがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました