30代薬剤師の転職成功のポイント|年収アップ・キャリアップに必要なものとは?

病院薬剤師の転職面接で自分のキャリア・経験をアピールする30代の男性薬剤師 キャリア形成

30代は転職市場で高い価値がありますが、これは薬剤師業界でも同様です。転職しやすく、条件交渉もしやすい30代薬剤師ではありますが、転職対策がうまくできないと、望んだ転職先を見つけられず、自分にとって「損」な契約で転職してしまうリスクもあります。この記事では、30代薬剤師が転職で年収アップ・キャリアアップができるようにするための「転職成功のポイント」について紹介していきます。

30代薬剤師は転職に強い世代

薬剤師業界は人材不足が慢性的に続いている状態であり、薬剤師市場も常に売り手市場になっています。一般的に見ても、30代前半はニーズが高い「転職に強い世代」であり、薬剤師においてもその傾向は変わりません。5年から10年のキャリア・経験を積んだ30代前半の薬剤師は、即戦力として非常に重宝されます。

また、一般的にはニーズが低く、転職が難しくなる30代後半でも、薬剤師のニーズはそれほど落ちることはありません。30代前半よりも選択肢が狭くなり、専門性とキャリア・経験が求められるようになりますが、交渉次第では好条件の転職が可能であり、キャリア・経験をうまく活かせれば、大きくキャリアアップ・年収アップが十分に狙えます。

30代薬剤師が転職に強い理由
  • 「長く働いてもらえる」「将来の可能性がある」と期待される世代だから
  • 5年から10年のキャリア・経験がある即戦力になるから
  • 管理職・管理職候補として活躍が期待できる世代だから
  • 30代前半であれば未経験でも研修でフォローできるから
  • 資格が求められる業界であり未経験でもニーズがあるから

30代薬剤師に多い転職理由

薬剤師で転職が多いのは「入社して10年のキャリアを積んだ薬剤師」といわれています。30代は、ライフプランのことを意識する世代であり、薬剤師としてのキャリアプランを具体的に検討しやすくなる世代でもあります。薬剤師の転職の理由は30代でも個人個人で違いがありますが、おもな転職理由は以下のようになっています。

年収アップ

薬剤師は、30代に入ると年収が大きくアップします。同期の薬剤師と比べて収入が少なかったり、20代の頃と比べて年収があまり変わらないと感じたりしたことなど、年収に対する不満や向上心が原因で、転職を考えることが30代の薬剤師でも多いようです。また、管理薬剤師などの年収アップにつながるポストが埋まっていて年収アップが見込めないなど、将来性に見切りをつけて転職を検討することもよく見られます。

30代の薬剤師の転職では、転職後すぐに管理職に抜擢されるケースも珍しくなく、転職後に大幅に月収アップ・年収アップすることも可能です。年収アップするので責任も勤務先からの期待も重くなりますが、「やりがいのある仕事を任せてもらえる」と、転職後してからは前向きに仕事に打ち込めるようになったという意見も多く聞きます。

30代薬剤師の年収に関する口コミ

薬剤師の平均年収 30代男性は617万か…… 40代男性は678万…… もうすぐ、40歳になるけど、678万には全く届く気配がない💦💦💦
– 薬剤師ときどき父(やくちち) @yakutiti – Twitter

30代薬剤師で年収900万なんて到達できるのか…?
MRだと可能なのかも??
– オニオン @Onion211031 – Twitter

キャリアアップ・スキルアップ

スキルや経験に見合うキャリアアップをしたいと考える薬剤師は多いです。30代は気力・体力もあり、十分な経験を積みスキルを身につけ、将来のキャリアプランも真剣に考え始める世代です。「40代・50代に希望するキャリア・年収を達成するためにスキルアップ・キャリアアップしたいけど今の職場ではそれが難しい」と感じ、転職を検討する人をよく目にします。

また、薬剤師としてのキャリアを積み直したいと考えキャリアチェンジしようと思う人にとっては、30代は最後の転職のチャンスになる可能性もあります。30代前半であれば未経験採用に前向きなところも多いです。理想のキャリアプラン実現のために転職を考えるなら、30代前半までに転職した方が交渉を有利に運びやすくなります。

30代薬剤師のスキル・キャリアに関する口コミ

知り合いに30代で年収4桁万円行った人がいるのですが、彼は薬剤師と社労士の資格を持っていてかつ薬局の雇われ店長として昼夜の区別無くかなりハードに働いていたそうで。曰く「かなりきつい」とのことです。
– 逢瀬貢 @MitsuguOuseWB – Twitter

これは重要 同じ現場にはいるといえども、20代と30代では求められていることが違う。薬剤師は専門スキルは強いが、マネジメントはもちろん薬学部では教えてくれないので意識しないと身に付かない 薬剤師×マネジャーみたいに、掛け合わせが増えると、自分ブランドが強くなる!
– くみ💊大手調剤薬局エリアマネジャーを捨て、地元の在宅医療を推進する道を選んだ薬剤師 @kumidesugaotoko – Twitter

ライフスタイルの変化(結婚・出産・育児など)

結婚・出産・育児・UIJターンなど、30代はライフスタイル・生活環境が大きく変化します。ライフワークバランスを充実させるため、より働きやすい環境を求めて転職を希望する30代薬剤師は多いです。また、20代の頃は言われるがままがむしゃらに頑張っていた人も、自分なりのキャリアプランやライフプランを考えるようになり、そのプランを達成するために自分が働く環境を考え始めるようになります。

薬剤師業界は売り手市場ということもあり、多様な働き方が選択可能です。転職回数があまり多くなることはおすすめしませんが、子育ての状況や考え方の変化に合わせて、転職を繰り返しながら自分自身のキャリアプラン・ライフプランを充実させていく働き方も悪くないかもしれません。

30代薬剤師のライフスタイルに関する口コミ

薬剤師同士で結婚して2人でパートが最強なんだよな。18時以降のパートとか時給高いしその時間帯はママ薬剤師と競合しないから市場価値高い薬剤師になるし。離婚しなければこれ目指してたけど。
– へろし🚹投資💰養育費💰婚活💑筋トレ💪 @kusoyakuzaishi – Twitter

約一年後に薬剤師に復帰しようと思っている。今出来ることって何?今のうちに何か勉強しないと不安なんだけど何から始めれば、、結婚出産の間に働いた年数以上に休んでたことになる。新薬もわからないし今の調剤報酬もわからないし元の知識も忘れかけ。やばい。。。
– タルト @zGkuR8Q8wyAf3iG – Twitter

人間関係

職業・業種・世代に限らず、人間関係が理由で転職する人は多いです。病院調剤薬局は少人数で回していることも多く、毎日同じ人達と仕事することになるケースも少なくありません。このような「狭い人間関係」は、一度こじれるとなかなか改善しませんし、精神的な辛さも大きくなります。20代の若い頃は良好な人間関係が、30代に入って悪化することもあるでしょう。

また、人間関係がキャリアアップや年収アップに直結するわけではありませんが、人間関係に大きな不満はなくても「成長のためにならない」「代わり映えしない人間関係を変えたい」と、転職に一歩踏み出す薬剤師も多いようです。

30代薬剤師の人間関係に関する口コミ

大切なのは視野を広げて、薬剤師としてではなく、一人の人間として自分が何をしたいか、これからどうなりたいのかを明確にすることだと思う💪生活とか給料とか人間関係とか色々変わっちゃうこともあるけど、その上で転職したりしても、それはきっと後悔のない選択肢なんじゃないかな?🤔
– サトシ@薬局薬剤師 @hn9dCTd8BwQJEh9 – Twitter

なんか薬剤師数年目のいろんな意見があったりするが あと数年後には管理薬剤師になるかヒラのままで成長できてないか極論どちらかになるよ 人間関係には悩みつつも自己研鑽はしておかないとね
– 鬼滅の薬剤師 @TMT201gj – Twitter

会社・労働環境

「労働環境を変えたい」ということも、30代の薬剤師の転職の代表的な理由になります。環境には「人間関係」や「雇用条件・待遇」が関係することが多く、例えば、過酷な作業が多い、休日や休憩がない、パワハラがある、上司と部下との板挟みが負担などで転職を希望することが多いようです。

労働環境を変えることで、気分を新たに薬剤師業務に取り組めるようになり、薬剤師としての将来も前向きに考えられるようになることもあります。また、転職で管理職にキャリアアップすることで労働環境ががらりと変わり、前向きに業務に取り組めるようになることも多いです。

30代薬剤師の会社・労働環境に関する口コミ

そういえば昨年度は有給休暇の義務化でなんとか5日と特別休暇も取得はしたけど 丸1日休むことはできなかったけど もちろん、他の病院では比較にならない位忙しいところはあったでしょう。他の薬剤師がこんな労働環境にならないように自分が背負いつつ業務の簡素化も考えなければ
– アースキー🌏病院💊薬剤師📝 @rain_cure – Twitter

ドラッグストアの薬剤師さんの労働環境って、薬剤師が改善するのは無理なんですかね?店舗を変えてもらうだけでは、会社自体の薬剤師の待遇が悪化すれば会社辞める以外の方法はなくなる訳で。私は病院で働いていますが、薬剤師の待遇改善に関しては色々やって、かなり改善してきましたよ。
– ゆう@AppleWatch薬剤師 @kusurinko – Twitter

30代薬剤師が転職前に知っておくべきこと

30代の薬剤師が転職を考えたとき、以下のような「ある程度理解しておいたほうが良い現状」があります。

若いほど転職の選択肢が多い

薬剤師の国家資格を取得し、実務を5年〜10年経験している30代前半の薬剤師は、即戦力として、次期ポスト候補者として引く手あまたの人材です。薬剤師業界は転職に関しては年齢に左右されにくい業界ではありますが、信頼できる経験がある30代の人材に関しては薬剤師でも若いほうが重宝されやすく、職種・業種・年収・勤務時間などの選択肢も多くなる傾向があります。

あわてて転職する必要はありませんが、転職を考えている場合は若いうち早めに転職をした方が転職の選択肢が多くなり、転職しやすいということは理解しておいたほうが良いでしょう。

30代後半は年齢制限や職種・業種の制限がある

薬剤師の場合は、30代後半に入ってもそこまで転職は不利にはなりませんが、30代前半に比べると職種・業種の制限が出てくる場合があります。また、年齢制限のある求人に関しては、35歳未満で募集するケースが多いことにも注意が必要です。

未経験の職種・業種の求人を希望する場合は、求人の種類・数が少ないという現実を理解しておきましょう。これまでのキャリア・経験を活かして転職する場合は、応募書類や面接でのアピールの仕方が重要になってきます。転職サイトの担当者に相談したり、交渉をお願いしたりすることをおすすめします。

今までのキャリア・経験と転職理由に注意

どのような職業にも言えることですが、転職回数が多かったり、就業年数が少なかったりする場合は、「長く勤めてもらえないかも」「すぐ辞めてしまうかも」という印象を持たれやすく、転職が不利になりやすいです。面接まで進むことができれば挽回のチャンスもありますが、このような経歴の場合は書類の段階で弾かれやすい傾向があります。薬剤師転職サイトの担当者と相談しながら、選考を通過しやすい応募書類を作成しましょう。

また、人間関係や労働環境などが原因で転職する場合も、ネガティブな印象を与える転職理由になりやすいため注意が必要です。前向きでポジティブな転職理由になるように、応募書類や面接時の対応を工夫しましょう。こちらも薬剤師の転職サイトの担当者に相談すると、話を進めやすくなります。

未経験転職の場合は注意が必要

30代の薬剤師は、未経験の職種・業種でも転職が可能です。例えば、調剤未経験の薬剤師であっても、調剤薬局に転職して新たなキャリアを形成することができます。30代前半の薬剤師であればとくに転職しやすいので、未経験の職種・業種への転職を検討している場合は、早めに応募することをおすすめします。

ただし、未経験で転職したのに業務内容の共有・指導がなく、何も教えてもらえなかったので、結局再度転職してしまったという声もあるので、未経験の薬剤師の方は、しっかりした研修を受けられる会社や薬剤師転職サイト選ぶようにしましょう。また、30代後半に入ると、未経験求人が大幅に少なくなりますので、その点を理解したうえで転職活動を進めるようにしてください。

30代薬剤師が転職を成功させるポイント

希望の求人への転職を成功させるためには、以下のポイントに気をつけることが大切です。転職が有利な30代薬剤師であっても、考えなしに闇雲に転職活動を進めてしまうと、希望の求人が見つけられなかったり、転職後すぐに辞めてしまったりするなど、転職活動がうまく行かなくなる可能性が高くなります。

希望条件の優先順位を明確にする

希望条件や転職理由がはっきりしていないと、自分に合う求人も見つけられませんし、選考に通過しやすい応募書類も作成できません。面接時も、うまく答えられない質問が多くなる傾向があります。

まずは自分の転職理由を明確にし、希望する求人の条件を書き出したうえで優先順位をつけましょう。優先順位をつけることで、希望求人を探しやすくなり、多くの求人のなかからよりマッチ度が高い求人を絞りこみやすくなります。

また、希望条件の優先順位を明確にすることで、条件交渉もしやすくなります。薬剤師の転職サイトの担当者に相談するなど、第三者の目線が入ると、より的確に効率良く優先順位をつけやすくなります。

キャリア・経験・スキルが活かせる求人を見つける

30代薬剤師が転職する場合、調剤薬局やドラッグストアは求人数も多く条件の交渉もしやすいですが、病院や企業(製薬会社)はキャリア・経験がないと転職が難しい場合が多いです。

自身のキャリア・経験と将来のキャリアプランを見直し、双方に合う求人を見つけるようにしましょう。自身のキャリア・経験をどのように活かせば良いかわからない場合は、薬剤師転職サイトの担当者に相談してみることをおすすめします。

キャリア・経験・スキルをうまくアピールする

どんなにすばらしいキャリア・経験・スキルがあっても、うまくアピールできなければ、条件交渉も難しくなります。転職に有利な30代薬剤師であっても、より希望に近い形で転職を成功させるためには、アピール能力が大切です。

自分自身のキャリア・経歴を棚卸しし、より魅力を感じてもらえるように整理しながら、応募書類の記載内容や面接時の応対内容に反映させてください。うまくアピールするための作業は、薬剤師転職サイトの担当者に相談することで効率化できます。

将来のキャリアプランを明確にする

自分が希望するキャリアプランとそれを実現するために必要なスキル・経験、そのために転職先でどのような活動をしたいかなど、できるだけ詳しくわかりやすく説明することは、転職の成功だけでなく、転職後の活躍にも影響します。

30代になり薬剤師としての経験・スキルが充実してくると、将来のキャリアプランも作りやすくなると思います。「キャリアプランの実現のために転職したい」というポジティブな転職理由が伝わりやすくなりますし、「今後も薬剤師としてがんばっていく」と新たに決意を固めるきっかけにもなります。

転職先の状況を把握しておく

職場の環境や人間関係が転職理由の上位に入ることからわかるように、転職先の状況を把握することも転職を成功させるうえでとても大切になってきます。30代薬剤師になると仕事の責任も重くなり、ライフプランやキャリアプランで重い悩むことも多くなるので、この点はさらに大きく影響する可能性があります。

知人や友人などから情報を集めたり、薬剤師転職サイトを使う場合は担当者に確認を依頼するなどして、求人情報ではわからない「転職先の状況」をできる限り集めるようにしましょう。可能ならば、職場見学をして事前に雰囲気を把握しておくことをおすすめします。

薬剤師転職サイトを活用する

薬剤師転職サイトを活用することはどの世代においてもメリットがありますが、求人数が多く条件を交渉しやすい30代薬剤師にとってはメリットも大きくなります。30代薬剤師の転職では、「たくさんの求人から自分に合う求人を見つけること」「希望に近い条件になるように交渉すること」が大切であり、このサポートに役立つのが薬剤師転職サイトです。

薬剤師転職サイトは、1つだけ登録するよりも、複数登録したほうが選択肢も増えますし、条件の絞り込みもしやすくなります。まずは気になる転職サイトにいくつか登録し、メインにつかう転職サイトを2つから3つに絞って転職活動を続けるのが、30代薬剤師が転職を成功させるコツです。

30代薬剤師の転職で求められるスキル

30代になると、薬剤師としてだけでなく、以下で紹介する人間力やコミュニケーションスキルといった「ビジネスに必要な社会人スキル」が求められることも多いです。資格や専門知識だけでなく、ビジネスパーソンとしてのスキルを身につけることも忘れないようにしてください。

コミュニケーションスキル

薬剤師も30代になると、管理薬剤師などの「管理職」としての働きを期待されるようになります。薬剤師の業務には「黙々とひとりで作業をこな」イメージがあるかもしれませんが、管理職の立場になると同僚や部下・上司と円滑にコミュニケーションを取り、スムーズに仕事を回していく責任が生じます。業務時間中のコミュニケーションの時間・機会は限られているため、コミュニケーションスキルはとても重要です。

また、業務中も患者さんやお客さんとのコミュニケーションで必要な情報を引き出したり、自分が知らない情報を聞き出したり、部下やスタッフへの指導を円滑に行ううえでも、コミュニケーションスキルは関係してきます。コミュニケーションスキルは、これまでのキャリア・経歴である程度把握可能ですし、面接時の対応でもチェックされます。緊張しやすい人は、準備を怠らないように特に気をつけてください。

実務経験

30代前半であれば未経験でも十分転職可能ではありますが、30代になると別の職種・業種であっても薬剤師としての実務経験が求められることが多いです。特に、管理職・マネジメント職の実務経験がある薬剤師は優遇されやすく転職をスムーズに進めやすくなり、在宅薬剤師やかかりつけ薬剤師の実務経験も評価につながります。

未経験の職種・業種の求人へ応募するときは、どのような立場でどのような業務を行い会社に貢献したかをアピールできると、前職の実務経験を活かしやすいです。

調剤スキル

調剤薬剤師としての「調剤スキル」は、調剤薬局や病院だけでなく、企業(製薬会社)・ドラッグストアでも求められるスキルです。確かな調剤スキルと経験がある薬剤師ほど求人の幅が広く、条件交渉も進めやすくなります。認定薬剤師や専門薬剤師の資格なども、転職を有利に進めることに役立ちます。

マネジメントスキル

マネジメントスキルとは、業務に必要な物・時間・人・組織を管理し、業務や事業全体を把握しながら滞りなく進行させるスキルのことです。薬剤師では管理薬剤師としてのマネジメントスキルが注目されやすいですが、ドラッグストア・MR・製薬会社など、管理薬剤師を設置しない業務であってもマネジメントスキルは重要です。

マネジメント職の実務経験がある場合は必ず応募書類に記載し、面接時にもうまくアピールできるように備えましょう。薬剤師転職サイトの担当者と相談しながら、面接担当者に響きやすいアピール方法も考えることがおすすめです。

専門性の高い知識

30代薬剤師に専門的な知識が必ず必要なわけではありませんが、何かひとつの分野に特化した強みがある薬剤師、転職市場でも価値が高くなる傾向があり、条件なども交渉しやすく求人も絞り込みやすくなります。特定のスキル・知識・立場を求めている求人がある場合は、うまく活用しましょう。

情報収集スキル

新しい薬は常に流通していますし、薬の情報もどんどん更新されています。薬に関する情報の収集スキルはもちろん、医療や医療ビジネスに関わる情報を集める能力は、今後さらに重要性が増していくことでしょう。

また、ドラッグストアや商品開発などでは、一般的な流行や世間で流行しやすい健康情報・美容情報にも目を向ける必要があり、管理職・マネジメント職が求められる30代薬剤師にとっては、とくに重要視されやすい傾向があります。

30代薬剤師の年収の目安

厚生労働省の「令和3年 賃金構造基本統計調査」によると、30代薬剤師の年収の平均は約579万円、男性が約623万円、女性が約535万円になります。なお、30代前半の薬剤師の平均年収は男性約586万円・女性約505万円であり、30代後半の薬剤師の平均年収が、男性約660万円・女性約592万円です。

薬剤師で最も平均年収が高くなるのが50代前半ですから、30代はその基礎となる世代ですね。30代前半から年収が高くなり始め、30代後半になると大きく年収がアップします。薬剤師の年収は地域差の影響も多く、職種・業種による違いもあるので、年齢だけで考えることはおすすめしませんが、薬剤師転職サイトの担当者は地域ごと・業種ごとの年収の目安を知っているので、条件交渉の参考にしても良いと思います。

ただし、仕事の価値はお金だけで決まるわけではありません。転職先は年収だけで決めるのではなく、将来のキャリアプランやライフプラン・労働環境・地域や職場内の雰囲気なども十分考慮し、長く働き続けることができる自分に適したところに転職できるようにしてください。

おわりに:30代薬剤師は転職におすすめの世代。キャリア・経験を活かしてチャンスをつかもう

30代薬剤師は年収が上がり始める世代であり、即戦力が期待される薬剤師市場の価値も高い世代です。対象の求人数も多く条件交渉もしやすいので、大きく年収アップ・キャリアアップが狙えます。転職を考えているなら早めに動き出すことをおすすめします。ただし、キャリア・経験を活かせないと望んだ転職ができない場合もあるので、薬剤師転職サイトの担当者にサポートしてもらうなどして、自身のキャリア・経験を棚卸ししてうまくアピールできるように工夫してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました