40代の薬剤師でも転職にチャレンジできる?|転職成功のポイントと未経験転職について

転職を成功させて笑顔になる40代の男性薬剤師 キャリア形成

薬剤師に限らず、転職市場では20代後半から30代の「若手から中堅」が求められる傾向があります。最近は経験値が期待され40代以降のミドル転職人材が求められるケースも増えてきていますが、薬剤師の転職市場ではどうなのでしょうか。この記事では、40代の薬剤師が転職を成功させるために知っておいて欲しいことについて解説します。

40代薬剤師に多い転職理由

一般的に、転職市場では「ある程度経験がある若手」が有利です。そういった意味でも、「40代が最後の転職チャンス」と考える人も少なくありません。40代は、人生においても折り返しの時期であり、何かと悩みも増えてきます。40代の薬剤師では、以下の悩み・理由で転職を考える人が多いようです。

年収・時給が低い

転職の理由として特に多いものは、年収・時給などの「収入面」の不満・悩みです。一般的に30代に入ると役職につくなどして、年収・時給面での待遇も良くなってきますが、昇給が頭打ちになったり、上の役職が詰まっていて大幅な昇給が難しいケースも見られます。

また、出産・育児・介護などでブランクが生じたり、条件の良くない転職をしたりしたことで、順調に昇給できなくなったという意見も耳にします。子どもの学費やリタイヤ後に備えての貯蓄など、「将来の不安」に対して強く意識し始め、飲み会や交流会で薬剤師同士の意見交換が盛んになりやすい傾向があることも関係していると思われます。

40代薬剤師の年収に関する口コミ

今の仕事は絶望的に向いてないから転職しようと思ってるんだけど、薬局薬剤師だと週4パートでは給料安いから悩んでる。在宅でできる仕事でできることを探すか?それとも副業するか?私の強みって「そこそこ口が達者」ってだけなのよね……何ができるかな………40目前でこんなに悩むなんてな(;・∀・)
– 莉瑚@DSNにどハマり中♪ @riko_x_tsuki – Twitter

40代 薬剤師モデルの給料 年収700なんだが みんなそんなに貰ってんのかな…🤔
– PARA@プライベート重視認定(自称)薬剤師 @PARA0922st – Twitter

体力的に業務が辛い

薬剤師の仕事は立ち仕事や移動が多くなることが多く、ときには重いものを運ばなければいけない場合もあります。仕事の内容は違いますが、どの業種・職種も基本的には「体力勝負」です。また、間違いができない職業柄、精神的にも疲れやすいです。若い頃は平気だった業務も、30代後半から40代に入る年齢になる「中堅薬剤師」以降の年代になると、辛さをより強く感じるようになります。夜勤もある病院薬剤師やドラッグストアなどに関しては、さらに辛さを感じやすく、体調を崩しやすい環境かもしれません。

40代になると、体力的・精神的な衰えを実感する機会も増え、体調不良や病気になる回数も増えてきます。休みがきちんととれる・夜勤がない・力仕事が少ない・移動や立ち時間が少ないなど、「体力的な負担が少なく、心身を健康に保ちやすい職場」を重視し、年収や時給はソコソコで良いという薬剤師も少なくないようです。

40代薬剤師の体力に関する口コミ

薬剤師向けウェブ掲示板とかで時々「使えない中高年薬剤師」みたいな書き込みが出ますけど、自分がこの年になってみると、体力や集中力の面でどうしても年齢的な衰えを感じざるを得ないです(´・ω・`)
– へたれ薬剤師Kiko讃えられざるシンデレラ @hetareyakiko- Twitter

迷える40代後半薬剤師さんと2時間LINEトーク。
みんな悩んでるんですね〜。こんなのばかりになって来ました。
– Muen @Muen_Isolated_ – Twitter

将来のキャリアへの不安

オンライン診療の普及や診療報酬改定、その他の類似サービスが普及し、薬剤師の仕事のあり方も変化が求められています。薬剤師の将来性に関する情報が発信される機会が増えてきたこともあり、将来のキャリアプラン・キャリア設計について悩んでいる薬剤師も増えてきています。

ただ、薬剤師を続けることに不安を抱えている人だけが転職を考えているわけではなく、調剤薬剤師・病院薬剤師としてきちんとしたキャリアを積みたいと考え、転職を検討する人も少なくありません。40代になると、今の職場でどのようにキャリアを積んでいけるかの逆算もしやすくなります。50代・60代で転職ができないというわけではありませんが、自分の望むキャリアプラン・キャリア形成のために有利に話を進められる「最後の機会」と考え、転職活動を始める人も多いようです。

40代薬剤師の将来の不安に関する口コミ

これからの薬剤師は、薬剤師だから将来安泰とか勝ち組ではないです。なぜなら、法律が変わり、診療報酬改定やオンライン薬剤師なども出てきそうだからです。しっかり先も見据えて行動しないとみんなにおいてかれそうですね。🙄✨
– ぽんたに@薬タメ @JymjyS – Twitter

数ヶ月前までMRで転職しました。理由はいくつかあるのですが、”暇すぎ”というのもその1つです。ただ全国転勤がOKなら薬剤師よりもコスパは良いと思います。が一方でMRの活動がコロナ前に戻ることもまぁないので将来性で言うと怪しいですね。薬価で業界が守られてる以上、安定はするでしょうが…
– yhg @yhg88126027 – Twitter

やりがいが見つけられない

長年同じ職場で勤務していると、毎日似たような仕事が続き変化がなくやりがいを感じる機会が少なくなってきます。これは、どの仕事にも共通する部分ではありますが、薬剤師の仕事は職業柄ルーチンワークが多くなる傾向があるため、こういった不満を感じやすいと言われています。40代になると将来のキャリアも逆算できるようになるので、その傾向はさらに強くなってきます。

やりがいは自分で見つけなければいけないものでもあるので、ストレートに志望動機として伝えてしまうと、雇用側にネガティブな印象を与えてしまうことがありますが、ポジティブな志望動機に変換しやすい側面もあります。薬剤師転職サイトの担当者と相談するなどして、前向きな志望動機として伝えられるように備えておくことをおすすめします。

40代薬剤師のやりがいに関する口コミ

いい環境下で仕事させてもらってるけど、小児科と皮膚科に関わってる限り赤ちゃん見ることになるし、わたしはヒルドイドを無料で配るために働いてるわけじゃないし、転職の機会があれば病院薬剤師のほうがやりがいはあったなあ。。。
– さあや🌼1人目妊活中😊7/19採卵予定 @w6Yyqc79yqpWrdQ – Twitter

薬剤師はやりがいあるけど、今の職場は精神的につらい😭体と心の健康を害させるなら勇気もって転職も考えなくては…
– 独り身薬剤師の日常 @yakuyakumen – Twitter

40代薬剤師の転職の現実|転職活動前に知っておくべきこと

40代の薬剤師でも転職は可能ですが、転職を始める前に「基本的な実情」について理解したうえで自身の経験と希望を考慮して対策を立てると、転職活動のモチベーションを保ちやすく、転職を有利に進めやすくなります。薬剤師転職サイトのエージェントやアドバイザーなどに相談し、交渉してもらうこともおすすめです。

若い人よりも転職が難しい

採用における年齢制限は、雇用対策法の改正により平成19年(2007年)10月から禁止されています。そのため、本来は求人で年齢制限を設けることは原則できないことになっていますが、長期勤続によるキャリア形成を図る観点など、例外事由による年齢制限は認められているため、40代が応募できない薬剤師の求人もあります。また、力仕事などの重労働を任せにくい印象もあるため、薬剤師の転職市場でも、40代は若い人よりも転職が難しい現状があることは否定できません。

ただ、薬剤師は「薬剤師の資格」が求められる側面もあるため、他の職種・業種に比べると40代でも応募可能な求人数は多く、40代も応募歓迎としている求人もよく目にします。また、管理職などの経験を活かした転職であれば、条件の交渉がしやすくなる場合もあります。若い人よりも転職が難しいという現実はありますが、40代でも転職は十分可能ですので、そこまで悲観する必要はないでしょう。

転職しにくい職種・業種がある

薬剤師の転職先は、ドラッグストア調剤薬局・病院・企業に大きく分けられます。ドラッグストアや調剤薬局への転職は、40代でも難しくなく、管理薬剤師の経験がある場合は管理職へのキャリアアップもしやすいです。

対して、病院や企業(とくに製薬会社)への転職は難しい傾向があります。ただし、小さい病院への転職、英語力などのビジネススキルを活かした転職、薬剤師を必要としている規模が大きくない企業への転職であれば可能な場合も多いです。自身の希望と経験にマッチングする求人に絞って探すことで、転職活動をスムーズに進められるようになるでしょう。

未経験での転職が難しい場合がある

どの仕事にも共通することですが、40代の人材には「経験」が求められることが多いです。すでにお話したように、調剤の経験が求められる病院や企業(製薬会社)への転職は、未経験では難しいと考えた方が良いでしょう。

ただ、調剤薬局やドラッグストアのように「薬剤師の資格者」が求められている求人の場合は、未経験やブランク明けでも転職しやすいと言われています。「40代歓迎」「未経験歓迎」の求人もよく目にしますので、現実を理解したうえで求人を絞り込むことができれば、未経験でも転職は十分に可能です。

採用条件の交渉が難しくなる

転職理由はそれぞれ違いますが、今よりも年収が高く、働きやすく、キャリアアップしやすいところに転職したいと思うことは共通していますよね。残念ながら、薬剤師も一般的には若い人よりも求められる条件が厳しく、交渉が難しくなる傾向があります。「ポテンシャル採用求人」にも応募できないことが多いです。

ただ、経験がある人であれば、有利な採用条件への交渉も十分可能です。未経験でも「薬剤師の資格」が求められる求人であれば、交渉次第で好条件に変更できる場合もあります。自身の経験・キャリアと雇用先の希望とのすり合わせがポイントになりますので、状況を見極めてうまく交渉をしましょう。交渉に強い転職サイトを利用するのもおすすめです。

40代薬剤師が転職を成功させるポイント

40代薬剤師の転職を成功させるためには、自分自身の希望を明確にして、経験と合わせてポイントを押さえた転職活動を行うことが大切です。以下で紹介する項目について、自分自身の状況を再確認し、必要に応じて相談しながら進めていきましょう。

希望条件を整理して求人を絞り込む

40代の転職ではポテンシャル採用の求人には応募できないことが多いです。「経験を活かした転職」か「未経験の転職」のどちらを希望するか、年収・時給と働きやすさのどちらを優先するかなど、自身の希望条件を整理し、希望条件に優先順位をつけたうえで求人を絞り込むと、自分に合う転職先を見つけやすくなるため転職活動も進めやすくなります。

薬剤師転職サイトで転職をサポートしてもらう場合でも、希望条件のヒアリングがあるので、よりマッチした求人を紹介してもらえるようになります。自分自身を見つめ直す機会にもなりますし、今後のキャリアプランを考えるきっかけにもなるのでおすすめです。

ポジティブな志望動機を作る

転職の志望動機は、好印象を与えるポジティブなものを作りましょう。インターネットで検索しても良い例文が出てきますので、自分に合う例文を参考にしてもらえればと思いますが、志望先の特徴をきちんととらえたうえで、自身の経験・キャリアと今後のキャリアプランを明確に伝え、そのことが勤め先の会社・薬局・病院や患者様・お客様のメリットになることを理解してもらえる文章を作成するようにしてください。

転職の経験がある人はそこまで難しくないかもしれませんが、初めての転職する人や転職になれていない人、志望動機などの応募書類を作成するのが苦手な人は、薬剤師転職サイトの担当者に相談しながら作ることをおすすめします。

交渉方法を考えておく

転職では、年収・時給や勤務時間などの自身の希望をきちんと伝えることも大切です。どうしても譲れない条件がある場合は、交渉の必要も出てくるでしょう。自身の希望を一方的に押し付けても交渉は進みませんので、譲歩できる条件の優先順位をつけておくなどして、うまく交渉できる準備をしておきましょう。

ただ、将来の勤務先を相手に交渉することは簡単ではありませんし、抵抗も感じるでしょう。基本的には、薬剤師転職サイトの担当者に交渉をお願いすることをおすすめします。

非公開求人を紹介してもらう

薬剤師の求人には、非公開求人が多いです。これは、新規開店のドラッグストアのように戦略的なことが理由になる場合もあれば、忙しいので求人掲載はしていないけどマッチングする人材がいれば紹介して欲しいという場合など、様々な理由があります。

非公開求人は、薬剤師転職サイトに登録しなければ確認することはできませんが、登録は無料ですし、40代でも応募可能になる求人の幅がかなり広がります。転職サイトによって扱っている非公開求人も異なるので、基本的には複数の転職サイトに登録することをおすすめしています。

転職を急ぐ場合はドラッグストア・調剤薬局がおすすめ

「今の職場にいたくない」「退職日が近い」など、急いで転職したい場合は、40代でも転職しやすいドラッグストアや調剤薬局への転職がおすすめです。ネガティブな転職理由をストレートに伝えることはおすすめしませんが、転職を急ぐ旨を伝えると早期に勤務を開始できる場合もあるので、まずは希望を伝えましょう。

転職を急いでいる場合は条件の交渉が難しくなる場合もありますので、その点はきちんと理解したうえで転職活動を進めてください。基本的には長く勤めてもらえる人材が好まれるため、まずは短期・単発の求人に転職し、次の転職先をじっくり探すという手段もあります。交渉を含めて薬剤師の転職サイトの担当者に相談しても良いでしょう。

40代薬剤師が未経験の職種・業種へ転職することは可能?

すでに説明しているように、40代の薬剤師でも未経験の職種・業種に転職することは十分可能です。ただし、病院や企業(製薬会社)への転職は、一般的には難しいです。規模が大きくないところやタイミングなどで転職可能な場合もありますので、病院や企業への未経験転職を希望する人は、薬剤師転職サイトの担当者に希望を説明し、腰を据えてじっくり探すことがおすすめです。

ビジネススキルや管理職経験など、薬剤師以外の経験・キャリア・スキルが歓迎されることも多いので、自分で求人を探しながら、薬剤師転職サイトの担当者に探してもらうと、効率良く転職活動を進められます。あまり欲張らず、自分の体力に合う働き方ができる求人を探すことが、40代の未経験転職を成功させるポイントになります。

40代薬剤師の年収の目安

最後に、年収で転職先を探したいという人のために、40代の薬剤師の年収の目安についてお話しておきます。厚生労働省の「令和3年 賃金構造基本統計調査」によると、40代の男性薬剤師の年収の平均が約713万円、40代女性の薬剤師の年収の平均が約588万円、40代全体の年収の平均が約638万円になっています。なお、40~44歳の薬剤師の月収・賞与の平均は約43万9千円・約113万5千円、45~49歳の薬剤師の月収・賞与の平均は約44万1千円・約106万7千です。

薬剤師の平均月収が一番高いのは50代といわれていますので、転職後のキャリアプランによっては、一時的に年収は下がったとしても将来的には高収入を狙える可能性もあります。年収・時給については、地域や業種・職種、経験などが大きく影響しますので、年齢だけを考えない方が良い場合もあります。

あまり高望みすることはおすすめしませんが、将来のキャリア設計を考えたうえで転職活動を進めると、希望に近い転職先を見つけやすくなり、理想のキャリアプランに近づけやすくなります。薬剤師転職サイトのなかにもキャリアプランの相談ができるところがありますので、参考にしながら転職活動を進めていきましょう。

おわりに:40代の薬剤師も転職は可能。ただし求人の探し方と交渉力が大切

若い人の方が転職しやすい現状は薬剤師市場も変わりませんが、薬剤師は資格が求められる傾向があるため、40代でも転職することは十分可能です。ただし、病院や企業(製薬会社)などのように、転職が難しい職種・業種があったり、条件の交渉が難しくなる場合もありますので、求人の探し方の工夫や交渉の準備が必要になります。薬剤師転職サイトにサポートしてもらいながら情報収集と書類・面談対策を万全に行い、希望に近い転職先を見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました