薬剤師の転職は何年目が有利?不利?|おすすめの対策と経験年数別の傾向

薬剤師転職サイトの担当者に相談する経験3年目の女性薬剤師 キャリア形成

薬剤師は転職しやすいといわれていますが、何年目の転職が有利なんでしょうか。転職回数が多かったり、経験年数が少なかったりすると、転職は不利になるのでしょうか。この記事では、薬剤師の経験年数と転職の傾向について、経験年数別の転職成功のポイントとあわせて解説します。

年数別でみる薬剤師の転職の傾向

薬剤師の転職市場の状況は、「全体的に」みる限りにおいては、他の業種・職種よりも転職しやすく、条件交渉もしやすい傾向にあります。年齢や経験年数によるデメリットについても他の業種・職種に比べると少ないですが、一般的には2年〜3年目の薬剤師が転職しやすく、それぞれの経験年数でみると以下の傾向があるようです。

1年目の薬剤師の転職傾向

薬剤師の実務経験という点では、1年の経験が転職の条件としては問題ないといわれていますが、1年目で転職するということは「数か月で転職する」ことになるので、一般的にはあまり歓迎されません。これは、「早く辞めてしまうのではないか」「忍耐力が足りないのではないか」というネガティブなイメージを感じられやすいからです。

1年目の転職では、「実務経験が1年以上ある」ことが重要視されやすいです。1年目の薬剤師は第二新卒であるため転職市場でも価値が高いですが、一般教養・社会常識として1年以上(もしくはそれに見合う経験)が求められる可能性が高いことは理解しておきましょう。

2年目の薬剤師の転職傾向

2年目で転職を考える薬剤師は多いといわれています。これは、2年目に入ると業務にも慣れてくるため、人間関係や将来の不安、年収など、現在の職場の不満や悩みが顕在化しやすいことが関係しているかもしれません。また、1年以上の実務経験を積んだ第二新卒にあたるため、求人数が増え始めることも、2年目に転職を検討する薬剤師が多い理由といえるでしょう。

2年目の薬剤師は未経験の業種・職種へのキャリアチェンジのチャンスにもなるため、転職におすすめのタイミングとも言えますが、1年目と同様に転職希望先によっては「早く辞めてしまう」「忍耐力が足りない」と判断される可能性があることは理解しておきましょう。また、新卒向けの研修を受けられないケースがあるため、経験や対応力が求められる可能性があることもおさえておくようにしてください。

3年目の薬剤師の転職傾向

3年目の薬剤師は、転職におすすめのタイミングといわれています。これは、3年の実務経験のある薬剤師は、即戦力としても、ポテンシャル人材としても期待できるからです。また、薬剤師も3年目に入ると、管理職やマネジメントの経験を積んでいるケースもあります。転職先・採用側としては管理職・マネジメント職を年収が低目で採用できるチャンスになりますし、転職する薬剤師にとってもキャリアップ・年収アップのチャンスになります。

ポテンシャル採用もされやすいため、未経験の職種・業種へのキャリアチェンジを目的にした転職もしやすいです。タイミングや転職先によっては第二新卒として扱われる可能性もあり、その場合はさらに転職が有利になります。

4年目の薬剤師の転職傾向

4年目の薬剤師も、3年目の薬剤師と同様、転職をしやすいタイミングです。3年目と4年目で大きな違いはありませんが、年数が多くなるほど経験できる業務や取得できる資格も増えるので、キャリア・経験の内容が転職に左右するケースも多くなってきます。キャリアアップもキャリアチェンジも狙いやすく、ポテンシャル採用される可能性も高いタイミングになるので、将来のキャリアプランが採用に影響されるようになるかもしれません。

今までのキャリアプラン・経験、将来のキャリアプラン、ポテンシャルなど、応募書類や面接対応でアピールできることも増えてきますので、自分が希望する年収・待遇、雇用条件により近い求人にするための交渉もしやすくなるタイミングです。

5年目の薬剤師の転職傾向

薬剤師も5年目になると、中堅薬剤師として管理職・マネジメント職に就いている人も増えてきて、大きく年収アップした人も増えてきます。一方で、周囲に比べると満足のいくキャリアアップ・年収アップができてないと悩みを抱える人も多いようです。転職市場では、5年目以降の薬剤師は市場価値が高く、条件交渉もしやすくなります。将来のキャリアプランを考えたとき、今の職場では望んだキャリア形成ができないと思うのであれば、転職を検討することをおすすめします。

転職をしやすい状況ではありますが、求人数が多くなり過ぎて自分に適した求人を絞り込みにくい状況とも言えます。年収アップ・キャリアアップはしやすく、ハイエンド・ハイクラス求人も狙えるますが、あわてて自分に合わないところに転職すると、短期間で転職を繰り返すことになる可能性があるので注意が必要です。

年数別でみる薬剤師の転職成功のポイント

薬剤師は転職しやすい職種になりますので、ただ転職するだけであればそこまで難しくありませんんが、希望条件に近い転職を目指すのであれば、自身のキャリア・経験に合わせて工夫することで、希望条件に近い転職ができる可能性が上がります。経験年数だけで対策方法が決まるわけではありませんが、一般的な成功のポイントは以下の通りです。

1年目の薬剤師|転職成功のポイント

1年目の薬剤師は、タイミングによっては経験が数か月しかない状態です。キャリア・経験に関しては、あまり強くアピールできる材料がないかもしれません。ポジティブな転職理由をうまくアピールできるかが、転職成功のポイントになるでしょう。もちろん、アピールできるキャリア・経験がある場合は、しっかりアピールしてください。

ポテンシャル採用に関しては、人柄や将来のキャリアプランが影響することも多いです。初めて転職する人・転職に慣れていない人も多いと思うので、応募書類作成や面接対応サポートのある薬剤師転職サイトなどに相談することをおすすめします。また、あわてて転職を決めてしまうと、「やっぱり思っていたのと違った」と転職を繰り返してしまうことになりかねません。衝動的・感情的に転職を決めることは絶対に避け、必ず転職先が決まってから退職するようにしてください。

2年目の薬剤師|転職成功のポイント

2年目の薬剤師の転職でも、ポジティブな転職理由をアピールすることが大切になってきます。また、可能であれば、1年以上の経験を積み求人が多くなる9月のタイミングで転職すると、転職しやすくなるでしょう。精神的・体力的に問題がないのであれば、3年目・4年目まで転職を見送るのもひとつの手段です。

キャリア・経験のアピールが難しいのは1年目と同様になりますが、アピールできそうなものがあればうまくアピールしてください。どのアピールが有利にあたらくかについては転職先で違いますので、薬剤師転職サイトの担当者など、業界・転職先の事情に詳しい人に相談しながら工夫しましょう。

3年目の薬剤師|転職成功のポイント

3年目の薬剤師は、十分な経験を積んだ即戦力です。資格・キャリア・経験などがある場合はしっかりとアピールし、将来のキャリアプランを説明したうえで、「キャリアプランの実現のために転職が必要である」ことをアピールできると、ポジティブで魅力的なアピールになります。資格・キャリア・経験が不足している場合や未経験の職種・業種への転職を希望する場合であっても、ポテンシャルをアピールできれば十分転職可能なので、相談しながら応募種類や面接対応を工夫しましょう

ただし、3年目の薬剤師はキャリア・経験十分ではありますが、「経験豊富」とまでは言えない状態です。転職はしやすいですが、年収・待遇などの交渉は5年目以降の薬剤師よりも難しくなる傾向があります。希望条件に優先順位をつけて交渉すると、より希望に近い条件で転職しやすくなります。

4年目の薬剤師|転職成功のポイント

4年目の薬剤師も3年目と同様、転職しやすいタイミングです。資格・キャリア・経験をうまくアピールしたうえで、ポテンシャルが期待できるアピールも忘れずに行うようにしましょう。キャリアプランを実現するために、転職先でチャレンジしたいことや自分が持つ専門性などをアピールできると、さらに転職しやすくなるでしょう。自分の希望と転職先のビジョンがマッチしていることをアピールすることも大切です。

4年目の薬剤師は第二新卒として扱われることはほとんどなく、基本的には中途採用枠に応募することになります。即戦力・ポテンシャルも期待される転職しやすいタイミングではありますが、資格・スキル・能力などシビアなことも判断材料としてみられるようになります。資格・スキル・能力に見合わない条件交渉は難しく、人間性や若さ・将来性で押し切るような「勢いに頼った転職活動」はうまくいきにくいです。薬剤師転職サイトの担当者と相談するなどして、きちんと対策を練りましょう。

5年目以降の薬剤師|転職成功のポイント

5年目以降の薬剤師は、十分なキャリア・経験を積み、管理職としても即戦力となり得る人材です。20代後半であればポテンシャル採用も期待できるため転職しやすく、30代に入ると年収・待遇面の交渉が進めやすくなる「転職におすすめのタイミング」です。やりがいを持って長く勤められるように、「より良い転職先」に「より良い条件」で転職できるように、求人の探し方・応募書類・面接対応を工夫してください。薬剤師転職サイトを利用するのもおすすめです。

将来のキャリアプランと希望する年収・待遇の実現のため、自分に合う求人を効率よく絞り込み、より魅力的なアピールをすることが大切になってきます。自分を採用することで転職先にどのようなメリットが生じるかをうまく伝えられるようにしましょう。

薬剤師の平均転職回数は?|転職回数が多くても転職可能?

他の職業に比べると、薬剤師は一般的に転職回数がデメリットになりにくく、他の職業と比べて平均転職回数も多い傾向があります。また、以前ほど転職にネガティブなイメージが抱かれにくくなってきているため、ポジティブで正当な理由があるのであれば、そこまで転職回数を気にする必要はないでしょう。転職回数よりも、転職理由がポジティブで正当であることをきちんとアピールできることが大切です。

転職回数がネガティブに影響しやすい状況
  • 20代で複数回の転職をしている
  • 30代で3回以上転職をしている
  • 1年以上継続せず転職している
  • 何度も転職を繰り返している
  • 転職理由を説明できない
  • ネガティブな理由で転職している

ただし、転職回数をどう受け止めるかは、転職先の企業方針や採用担当の考え方に依存するため、自分ではコントロールできない部分もあります。以下の場合は、転職先にネガティブに受け取られる場合があるので、応募書類や面接対応を工夫したり、面接回数を重視しない求人を探すなどして対応しましょう。薬剤師転職サイトを利用すると求人の絞り込みを効率よく進められますし、応募書類の作成や面接対応の相談ができる転職サイトもあります。転職に慣れていない薬剤師はとくにおすすめです。

転職におすすめなタイミング|時期(月)・世代(年代)など

薬剤師市場は慢性的に人手不足の状態であり、年間を通じて求人数が多いです。転職の意志があり自分に合う求人があるのであれば、タイミングをとくに気にする必要はないでしょう。今勤めている職場に迷惑をかけないように退職期間を考慮し、転職先や薬剤師転職サイトの担当者と相談しながら転職時期を調整したうえで転職活動を進めてください。

薬剤師の求人数が増えて転職しやすくなるのは1月〜3月頃ですが、4月・5月は穴場求人が出やすく、処方箋枚数が少なくなる8月・9月は転職後も無理なく業務に慣れやすいといわれています。自分にとってどの時期が合っているかを検討しながら転職時期を調整するのがおすすめです。

なお、転職しやすい世代は20代後半〜30代前半であり、28歳頃〜33歳頃までの30歳前後は、転職しやすく条件交渉もしやすいタイミングといわれています。必ずしも転職をする必要はありませんが、将来のキャリアプランの実現に転職が必要と感じた際は、より有利に転職を進められるように、きちんと対策をとったうえで転職活動を行いましょう。

おわりに:3年目以降のある程度経験ある薬剤師が転職に有利。ただし適切なアピールが大切

転職に有利といわれているのは、3年目以降のある程度経験がある薬剤師です。3年目から5年目は、即戦力・ポテンシャルが期待される転職しやすいタイミングです。ただし、経験年数がながければ、それに応じたキャリア・経・資格・能力が求められるため、必ずしも転職・交渉しやすいとは限りません。転職成功で大切なことは、自分自身のキャリア・経験に合う求人を絞り込み、採用担当にうまくアピールすることです。転職しやすく交渉しやすいタイミングがあることは確かですし、転職回数が多すぎることはあまり良くありませんが、正当でポジティブな理由があれば気にしすぎる必要はないでしょう。薬剤師転職サイトの担当者など、プロの転職エージェントに相談し、きちんと対策をとることが、転職成功のポイントになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました